2012年12月 1日 (土)

ブログのアドレスがかわりました

まいど、おおきに。

 
ブログのURLが12月1日より、以下となりました。
 
 
ごひいきのほど、これからも
よろしゅうに<m(__)m>
 
 

2012年11月29日 (木)

民主党、自民党の党首討論で「中立な方」って誰なんや?

民主党の野田首相と自民党の安倍総裁の党首討論が29日に
あるそうな。
告示直前で、大きな注目を集めてるんやけど、
その実現にあたっては、どっちも「OK」と言いつつ、
もめてきた。
インターネットの動画サイトなのか、テレビなのか、公開なのか
さまざまな議論があったという。
動画サイト、ニコニコ動画を当初は民主党が拒否したとも、
報じられておる。
そんな報道を見ていて、こういう内容があった。
<首相は26日昼、党職員を通じ、安倍氏宛ての申し入れ書を自民党本部に届けた。
「開催会場は都内ホテル」「進行は主要新聞社論説委員など中立な方」と、
討論形式も明示した>
時事通信 11月26日(月)21時9分配信
<主要新聞社論説委員など中立な方>
って誰のことさしているのかな?
主要新聞社が、そない「中立」なんかな?
もし「中立」という人がいるなら、教えてほしいわ。
多くの国民がそない思うんやないかな?
「中立」なら、民主党と自民党だけやなくすべての政党を
呼ばないとアカンがな。
「マニフェストに書いてないこと、やりまへん」
っていうて、バンバンやりまくる野田首相。
安倍総裁もよう似たもんやけどな。
なんやかにゃあるけど、選挙直前、ええ討論になることを
祈るばかりや。
 

2012年11月27日 (火)

鳩山元首相を追い込ん「公認申請書」という踏み絵と鉢呂選対委員長

鳩山元首相が政界引退を発表した。
理由の一つが、野田首相が公認候補に求めた「公認申請書」だ。
 
<公認申請書 
第四十六回衆議院総選挙に於いて、民主党公認候補となる事を申請致
します。
 
なお、申請に当たっては、左記について宣誓致します。
 
一、民主党の党議を踏まえて活動すること
 
二、民主党公認候補としてふさわしくない行動をとった場合には、民主
党公認候補及び総支部長としての権利・権限を返上するとともに、
それまでに供与を受けた便宜の一切を弁済すること
 
民主党本部幹事長殿>
 
という内容になっとる。。
 
これに<ご本人自書による公認申請提出のお願い>
というタイトルの書類がつけられ最後に
<公認料をはじめとした資金交付は、この「公認申請書」の
提出を踏まえて行われますこともご承知おきください>
そして、振込先を記入する用紙までつけられてるがな。
ようするに、カネでしばるんよな。
そのカネの原資は政党交付金があてられているはず。
それって、税金やろうが。
税金で自分の党の私腹を肥やし、それを元手に、
国権の最高機関である国会議員の自由な政治活動まで制限する
って、そらアカンやろう。
公認申請書の差出人は、鉢呂選対委員長。
鉢呂さんとは「国営暴力団」の裏金、インチキ問題を
一緒にあばいてきた。
とても、鉢呂さんが出したとは思えない文書。
泣く泣く、出すしかなかったのかと心中を思うと、
非常に複雑な心境やわ。
 

2012年11月26日 (月)

第3極は大混乱か?

今朝、名古屋市の河村たかし市長が次期衆院選出馬を

断念したと報じられている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121126-00000533-san-pol
一方で、滋賀県の嘉田由紀子知事が新党を結成し、
国政進出する可能性が濃厚だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20121126-00000009-ann-pol
当初、河村氏の減税日本が小沢一郎氏の国民の生活が第一と
合流を検討。しかし、なぜか、河村氏と小沢氏の会談が流れてしまい、
行方が注目されていたそうな。
 
もう一つの第3極、日本維新の会とみんなの党も
大阪市の橋下市長が「じゃんけんで選挙区調整」と言い出して
もめている。
 
マスコミ、政党の世論調査では、日本維新の会は大阪だけはずば抜けて
強い。減税日本は、名古屋市内ならダントツ。そういう力を結集できれば
いいのだが、どの政党もちょっと支持率が上向くと「ワシが」と威張り
はじめる。
 
結局、自民党が漁夫の利とならないよう祈りたいもんやわ。
 
 

2012年11月25日 (日)

準備本格化って、どこが収束? どこは復興やねん? TEPCOは相変わらずアホんだら!

産経新聞のインターネット版を読んでいると、
こんな記事を目にとめた。
 
福島第1原発 使用済み燃料取り出し準備本格化 完了に10年超で道遠くhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121125-00000087-san-soci
 
確か、野田首相は原発事故収束と宣言しとった。
しかし、記事をみてもわかるように
<放射性物質の拡散を防ぐため、原子炉建屋に1500トンの
鉄骨カバーを設置する計画もある。
1~6の各号機のプールに
保管されている燃料は5千体以上。
全部を取り出すには10年以上かかる長い道のりだ>
 
そう簡単にはいかないのがよくわかる。
使用済み核燃料の取り出しは、4号機で試験が
はじまったばかり。
3号機では、がれきをとりのぞこうとして、
失敗。470キロもの鉄骨をプールに落下させて
しもうたがな。
京都大学の小出先生といっぱいやりながら
聞いてみると
「放射線量が高く機器の遠隔操作で
作業していると報じられている。普通でも
大変な作業。えらい離れた場所から操作
して、そう簡単にいくわけないですわ」
おまけに、記事によれば
<東電はクレーンの遠隔操作技術の練度を高めるため、
3号機の西側に鉄骨を入れたプールの模型をつくり、
訓練を重ねる>
というやないか。
訓練がうまくいかなんだら、前へ進まへんってこと。
こんな、かったるい状況やのに、TEPCOは
また税金投入を求める公算が大。
なめとるわ!
 

2012年11月20日 (火)

厚労省事件で無罪を勝ち取った河野さん死亡

大阪地検が立件した、厚労省事件。

村木さんらが無罪になり、その後、証拠改ざん事件に
つながった。
村木さんの共犯として逮捕され、無罪になった河野克史さんが
11月17日に亡くなった。心臓疾患だったという。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120322/waf12032211440017-n1.htm

河野さんとは、事件を通じて知り合い、最近も電話で
「無罪になりよかった」
喜び、取り調べた國井検事を
「いつかリベンジしたい」
と語っていた。
一審では、やってないことを認め有罪。
「村木さんを助けるため、控訴せなあかん」
とやりあったのが懐かしい。
合掌m(_ _)m
 

2012年11月19日 (月)

NHKが暴いたTEPCOの未公開データはええでんがな!

解散総選挙、尼崎連続怪死事件などのおされて、
福島第1原発のニュースがすっかり、表舞台から
消えてしまもうた感がある。
そういう私も、そんなニュースのフォロー、追っかける
マスコミ末席にいる<m(__)m>
だが、NHKが一昨日の報じたこのニュースはええがな、
素晴らしい。
未公表データが存在 放射線量が急上昇
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121117/k10013569791000.html
昨年3月11日の東日本大震災の時、原発周辺の放射線量のデータが
未公開になっており、それをNHKが入手したというもんや。
データは全部公開したんやなかったんか?
それをNHKの取材班が精査した結果、公開されてへんもんが
あるとわかり、未公開データの存在を明らかにしたようでんな。
放射線量が急上昇した未公開データもある。
事故の時、原発周辺で何があったのか、それを検証するには、
生データはかかせへんがな。
この期に及んで、未公開データがあるとは、あきれるばっかり。
原発には、膨大なデータが日々、蓄積されている。
データ入力のために、TEPCOは専門の会社を有している
ほどである。
公開されているデータはごく一部。
私も、福島第1原発の幹部から
「公開されてへんから、見るだけや」
と見せてもらった資料があり、ひっくり返りそうになった。
それは後に公開されたが、すべてじゃなかったような気がするわ。
NHKがTEPCOに聞くと「調査中」と答えたそうな。
どうせ、調査なんかせんよな。ごまかす、言い訳を考えてるねんやろう!
 

2012年10月25日 (木)

お詫び

まいど、いまにしです。
ご承知の通り、私が長くかかわっている週刊朝日で掲載された、大阪市の橋下市長の連載記事。
編集部から、お詫びが発表されました。内容は、以下の通りです。
http://publications.asahi.com/news/276.shtml
私からも、お詫び申し上げます。
この連載記事に私もかかわっていたことから、各方面から、
たくさんのお叱り、ご意見をいただきました。
編集部とのやりとりに、尼崎市の死体遺棄事件の取材もあり、
ブログやツイッターを更新できませんでした。
ご一読を呼びかけ、連載中止という結末になり、お詫びします。
一回目の連載で私と村岡記者の名前が出たこと、
佐野さんのコメントに「週刊朝日との共同執筆」という
ものだったので、
何、書いてん?
という問い合わせが多数、寄せられました。
まったく、この連載では何も書いていません。
そうすると、
あんたら、何をやってたんや?
となります。
資料集め、下調べ、佐野さんの取材の同行いわば、カバン持ち、運転手。
取材、執筆していただくための、サポートです。
過去に佐野さんとは、何度も仕事をしており、
私が適任と編集部が判断したようです。
連載について、すべての内容を把握したのは、
締め切り直前の、10月13日昼過ぎです。
えらいきついな、ええんかいな。
という、印象を受けました。
業界の内輪話ですが、週刊誌の中で、社内チェックは
きつい方だと思います。この段階でそれを通過してきたものだと、
思い、私と村岡記者が指摘したのは、事実関係のみでした。
連載と同時に非難されている、表紙、見出しの内容については
まったく知る立場にもありません。連絡もありません。
見てもいません。
私と村岡記者に対しては、経過の説明は、今もありません。
尼崎の連続殺人事件で取材に奔走する中、断片的に聞くだけで、
報道や同業他社からの連絡で、
「詫び状が出た」
「連載が中止」
などと聞いて、知ることばかり。
編集長、デスクとも連絡つかずで、ただ、そうなんかと、
思うしかありません。
第三者委員会の検証も決まりましたが、その連絡もありません。
こう書くと、
なんも知らんのか?
となるでしょう。
私が把握しているのは、この程度しかないのです。
こうしか、書けないのです。
連載の詳細については、筆者の佐野さんがいずれ、答えを出されるであろうと思います。
検証作業がはじまりました。
しばらくは、お詫び行脚も続きます。
そちらにかなりの時間をさかれることになりそうです。
なんとか、合間を縫って、ブログ更新も続けたいと思います。
検証は、そう遠くない時期に、結果が公表されると思います。
記事にかかわった、私にも責任の一端があります。
本当に申し訳ないです。

2012年10月16日 (火)

こらぁ、なにが小出先生が「卒業」じゃ!

昨日、こんな書き込みを見た。

堀潤 ラジオ番組「種まきジャーナル」を卒業された、京都大学原子炉実験所助教 小出裕章さんを中心…– 8bitNews http://t.co/8MI8X794
http://t.co/3hKongrd
小出先生がたね蒔きジャーナルをいつ「卒業」したんや。
これ書いた堀ってのは、ツイッターのフォロワーさんに
よれば、国営放送でしゃべっとったらしい。
要するに、プロや。
ワシらの世界、言葉が商売道具やがな。
小出先生、どこが「卒業」やねん。
説明してみろよ。
小出先生を中心にした、たね蒔きジャーナル存続の
活動、しってんかいな?
なめとるな、こいつは、ホンマ。
小出先生の言葉を報じる資格、あらへんで。

2012年10月15日 (月)

キチンとした特ダネと大誤報がわからへん、産経新聞

産経新聞の記事みて、目が点になったわ。
<特ダネと大誤報は紙一重だ>
うそつけって。
キチンと裏どりした、特ダネ。
裏どりあらへん、せえへん、大誤報が
紙一重なんて、ちゃんちゃらおかしいがな。
この書き手、裏どりしてキチンと、特ダネを書いたことないんやろうな。
読売新聞のiPS細胞の記事。
医学、医療がようわかってへん、ワシが最初みても
「もう臨床やっとったん?
そっちもノーベル賞やないの」
って変に感じたもんな。
けどこの書き手は読売新聞の記事に
「やられた」
と眠気が吹っ飛んだそうな。
終わっとるで。
おまけに「特ダネ」と「独自ネタ」の違いを解説。
何が「特ダネ」で「独自ネタ」か、それは
読者、受け手が判断したらええねん。
ほんま、あきれるわ。

«「ソフトは民間業者が開発」のとほほな警察の実情